フォト

運営サイト

他のアカウント

無料ブログはココログ

2021年1月 8日 (金)

機能の断捨離で新陳代謝されていくのか。

7色に光るゲーミングPC、作業用にセットアップしてたら、意外なものが断捨離されてることに気付きました。

それは。光学ドライブ。買うときに気付きそうなものだけど、いや、気付いたけどDVDなら外付けドライブあるからまぁいいか、と思った次の瞬間にその判断を忘れたような気もする。音楽CDはデータ化したしそもそも聴くのはspotifyばっかりになりつつあるし、web素材系ROMも本&ディスクは買取業者に売っちゃったし、windows回復ドライブもUSBメモリでどうにかなるし。いつの間にか、いなくてもいい子になってしまった。

それと。firefoxのプラグインで使ってたガラケーシミュレータが、去年の6月頃に配布が終了していて使えなくなってました。気付かんかった。。。今はキャリアの端末テストセンターに行ける身分ではないし、正直そこまでリソース割けないし、で、難しいことやらなければ記憶とシミュレータで停波まで頑張れるだろうと思っていたんだけど。3キャリアはそれぞれシミュレータ出してたと思い、拾いに行ったけど、今でも残しているのはdocomoだけ。ソフトバンクはnot found、ezのはインストーラーはあったけど、インストールすると削除されるという鬼仕様。消したいほど黒歴史なんかい。

端末テストセンターといえば。某キャリアのテストセンターは、部屋というかパーテーションで区切ったエリアに十二支とかの名前を付けて、「ウサギの部屋は作業がサクサクすすむって意味がありますよー」みたいに説明された記憶が。時間足りなくて延長したけど。

2020年12月18日 (金)

xampp7.4.1でsqliteを動かす設定がちょい変わったみたい

phpのバージョンアップ対策に、廃止予定の関数をだらだら使ってた部分を修正すべくxampp7.4.13入れて動作確認してみたところ、想像してた問題はあっさり解決、しかし意外なところに落とし穴が。

なぜかsqliteのとこでエラー。7.3.9では普通に動いているし、このpcで7.3.9で作業し始めてから拡張のとこいじったのはImageMagickくらいだし、WinMergeで過去の設定と比較してみたりしてもよくわからず。7.4.1で動いてる本番環境では普通に動いてるけどdriverがなんか違う?

諦めて寝る前にタブレットで『xampp windows sqlite pdo error』でぐぐったら、ビンゴなページが一番上に出てきました。
https://celtislab.net/archives/20200122/xampp-php7-4-1-sqlite/  XAMPP PHP7.4.1 (windows)で sqlite3 が動作しない場合は libsqlite3.dll のロードが必要 セルティスラボ

httpd-xampp.confに追記しないとダメなんだって。

私のような『あかんほうのぺちぱー』は挫折して寝ちゃいそうな話だと思うので、共有まで。。

ちなみに、8.0.0-2も追記必要でした。


追記 2021-01-28

xamppがどうこうじゃなくて、php側の変更みたい

https://www.php.net/manual/ja/ref.pdo-sqlite.php

2020年12月17日 (木)

レインボーカラーでべかべか光るゲーミングPC買ったった

先月、hpの型落ちセールで、2番目くらいに安かったゲーミングPCを衝動買いして、しばらくの間本体やマウスをべかべか光らせて楽しんでました。厨二心が鷲掴みされてぶんぶん振り回されます。部屋暗くしてフード被ってカタカタしたろうか。。。でも、まだ作業環境は整えていないので、実作業は古いPCを使用中。古いといっても普通にwindows10でメモリも16GB入れてるから普通の作業はしんどくないけど、そろそろadobeCCのご機嫌が悪くなりそうなので、今度は根性のあるメモリをいっぱい刺せそうなやつに。

作業環境も、さっさとセットアップできるものに変更中。なるべくクラウド利用するようにしたり、外付けでどうにかなることはなるべく外付けにインストールしたり。xamppのポータブル版がとても便利で感動。昔はいろいろめんどくさかったような記憶が、、、無理やり複数立ち上げられるようにしてたけど。データを収容してるドライブのドライブレターに気を付ければさくっと行けそうな。(追記;ポータブル版でなくても、新しいドライブでsetup_xampp.batを走らせ直せば結構イケるっぽい。さらに追記;ドライブだけならともかく、pc変わるとやっぱだめぽ。)


そんでついに、長年押し入れに居座っていたブラウン管モニタ(トリニトロン17型)を処分。昔、流しの廃品回収屋さんに相談した時「3000円(私が払う)なら持って行っても良い」と言われて、3000円惜しさに止めたけど、結局その時渡していれば早く安く処分できてたな。。。今回は素直に パソコン3R推進協会 https://www.pc3r.jp/ に申し込んで、回収費4400円、梱包材やら振込手数料やらで合計5000円くらいかかりました。他社で、PCと一緒ならブラウン管モニタ1つ3000円で引き受けるみたいなサービスも見かけたけど、重量・サイズ的にNGだったし、何より梱包は段ボールのみばっか。これが入る段ボールは結構高い。パソコン3R推進協会の方はポリ袋で梱包も可。余っても、でっかいポリ袋はいろいろ使い道あるし。とりあえず1枚、震災袋に突っ込んでおきました。

せっかくゲーミングPC買ったんだから、サイバーパンク2077とかやっちゃおうかな。ポルシェに乗るキアヌ・リーヴス見たい。でももしかしてこんなんだったら嫌だな https://togetter.com/li/1386557

2020年12月 1日 (火)

昔のHDDはタイムカプセル

中古PCから内蔵HDD・SSDを抜いても引き取り業者に引き取ってもらえるようなので、何台も溜まっていた古いPCから、記憶媒体を抜いて処分準備。

だいたいいつも立ち上がらない状態まで使い潰すので、完全抹消ソフトを使うわけにもいかず、しかし無防備のHDDを人に渡すのもちょっと、、、と躊躇しているうちに溜まりまくり。

むき出しの内蔵HDDでもアダプター使えば普通に外付けHDDとして中を見たり使ったりできることに、先月やっと気付きました。とろい。とろすぎる自分。

ということで、15年くらい前に使ってたPCの中身なんぞを久々に閲覧して、懐かしい自分の記録とご対面。

今は無き妖精現実のアストロロギアとか、当時使ってた音楽ソフトとか(当時はまだ音楽やる気あったんだよなぁ、、、)、名古屋旅行の写真とか、いろいろ出てきました。ソフトは、意外と今使ってるwindows10でも動きそう。音楽ソフトは、無事に立ち上がったけど、動作を確認するための機材が無い。テキストや写真の中には、心のブラックボックスが開くようなものも。

没交渉になったみなさまお元気に暮らしてらっしゃるかしらん。

。。。先方にしてみれば、すっかり忘れてるか思い出したくもないかだろうから、このままそっ閉じ。ご縁があればまたどこかで逢うだろうし。

 

あーでもあの本借りとけば良かった、、、やっぱ惜しい事したかな。チッ

2020年9月30日 (水)

満月の名前は歳時記のようなもの

前回に続いて満月の名前ネタ。

https://www.almanac.com/full-moon-names
https://www.moonconnection.com/full-moon-names.phtml

↑この辺読んでみると、最近流行ってる満月名はネイティブアメリカンのアルゴンキン族(Algonquin。北アメリカの先住民族では最も人口が多いグループ)の習慣にヨーロッパ人入植者が影響されてできたもの、的な感じらしい。

そんで、

  • もしハーベストムーンが10月になるなら、9月の満月はコーンムーンになる
  • ハーベストムーンの次の満月は(10月であれ11月であれ)必ずハンターズムーンと呼ぶ

というルールは、ネイティブアメリカンの元ネタにはない様子。確かに、現在のn月はグレゴリオ暦によるものだから、そんなん関係なかったネイティブアメリカンの伝統には無いネタでしょう。秋分との関係については不明。ていうか、部族によって、アルゴンキン族の中でさえも、満月の呼び方や時期の分け方がいろいろ違うみたい。その土地や部族の歳時記・月令なんでしょうね。

ネイティブアメリカンの暦法はあんまり追究する気ないので、『ネイティブアメリカン 暦法』で検索して出てきたサイトから面白そうなもののリンクだけはってお茶濁しときます。

Native Heart: ☆Native Calender 月の呼び名
こよみの学校 第46回『アメリカ先住民の“ホライズン・カレンダー”』|暦生活

日本の場合、花札が季節の花をあしらった花暦、と聞いた記憶があるので調べてみましたが、11月=柳、12月=桐がイマイチなので却下。柳に描かれてる蛙や燕はどう考えても11月の照応じゃないし、柳の季語も6月頃だし。桐の場合、鳳凰はともかく(最後の出演者=大トリに通じるから間違ってない気がw むしろ大トリの方が花札をもじってきてる気も。)この季節とは関係なさすぎなような、、、千両とかサザンカにしてくれたら良かったのに。でも、鳳凰がとまるのは桐だそうだから、しょうがないんでしょうかね。


追記 2020/10/01

月の和名については、和風月名「神無月」考。それは冥府にくだった地母神の神話を意味していた?(tenki.jpサプリ 2020年10月01日) - 日本気象協会 tenki.jpが結構面白かったです。神無月は「神がいない月」でも「神の月」でもないという話で、諸星大二郎っぽい世界に脳みそがトリップしかかりました。

2020年9月 2日 (水)

2020年9月の満月はcorn moon(またはbarley moon)

今日(9/2)は満月ですが、秋分に最も近い満月ではないからharvest moonではなくcorn moonです。

で、10/2の満月がharvest moon、10/31の満月がhunter’s moonでblue moonでハロウィーン。血沸き肉躍りそう。

参考 https://www.almanac.com/content/full-moon-october

2020年6月27日 (土)

astrological gardeningのいろいろ(american traditionばかりでなく)

月相と月サインの園芸カレンダー、おおかたはできているのですが、論拠やら定義を洗い出しているうちに、だんだん迷子に。

astrology gardening sidereal で検索すると、バイオダイナミックというかシュタイナーというかマリアトゥーンが大漁。思いのほかバイオダイナミック農法の情報が多くて驚きました。何かしら恒星を起点に黄道を12等分した普通のサイデリアル式でやってる人の話を読みたかっただけなのに、、、やっと見つけた一つが下記。

サイデリアル推し

https://www.allotment-garden.org/gardening-information/lunar-gardening-planting-phase-moon/

バイオダイナミック推しはmaria thun氏の検証が効いてるのかと思ったら、ヨーロッパの伝統はシュタイナーだ的な話も。

https://www.lunarium.co.uk/articles/lunar-gardening-2.jsp

うすうす、「moon sign book的なアルマナックはメリケントラッドアメリカンフォークロアかしら」と思いつつありました。農業ありきと占星術ありきの違いも感じます。

シュタイナー系の星座サインは黄道12等分ではないし、計算の仕方わからないし触らないことにするけど、どうにか見つけた12不等分サインの分け方が記されてるのは下記とこ(議論の余地ありの様子)

https://www.considera.org/help/helpzodiacs.htm

このconsidera.orgも、もちろん思いっきりバイオダイナミック系。

そういえば、フランスのガーデニングアルマナックを見かけたはずだ、と思い出して確認してみたら、商品の説明に『Hopefully leading to an interest in biodynamics too!』とか。(ちなみ The Moon Gardener's Almanac 2019 / Therese Tredoulat)

トラディショナルなトロピカルサインで検証してるタイプはLyn Bagnall氏  https://aussieorganicgardening.com/ が一番頼もしい感じ。

しかし、まさかいきなりこんな変則的な星座区分の話に突き当たるとは、思いもよりませんでした。。。嗚呼。

でも、kindleで斜め読みした『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか / 中島聡』を思い出して、余計なことはせず最初のプラン(=moon sign book的な園芸カレンダー)を完遂することにしま。

2020年6月19日 (金)

Joseph BlagraveとWilliam Lilly

昔niftyに置いてた月の園芸カレンダーをdigitalfortune.jpで復活させるべく、いろいろ調べたり学びなおしたりしてるとこなのですが、途中で変なもんみつけました。

Joseph BlagraveWilliam Lilly、これ、同じ絵を左右反転させてちょっと直してるだけじゃね?

追記;公開保留にしてたつもりが公開になっちゃったので、このまま公開、、、こんな1行ネタはtwitterにでも書けって感じだけど、digitalfortune.jpのtwitterは運営・更新情報以外書きたくないし、twitterの個人アカウントはどこぞの商品キャンペーン以外フォローすらしない状態なので(読みたいものは全部リスト化)なんとなくここに。。。

今回のこれは、Scott Whitters 氏がどこぞに載せてたPLANETS IN THE GARDEN というテキストに

Lilly gives the Olive Tree to both the Sun and Venus, yet Culpeper gives it solely to the Sun. Both Culpeper and Lilly give the Oak to Jupiter, but Blagrave gives it to Saturn. Such disagreement only leads to confusion.

というのがあったので、Blagraveって誰ぞと思って調べて発見した次第。

2020年5月17日 (日)

最近の趣味はクソ映画鑑賞

最後に投稿したのは8年前、、、当時はweb屋でデスマな日々だったような。

ずいぶん前からフリーランスになっていて、仕事選びながら(紹介のみ)慎ましく生きてます。

ここ最近の趣味はB級・大金をドブに捨てた系映画の鑑賞。キネマ麹町御用達。

もうちょっとなんか書こうかと思ったけど、今BSフジでやってるやつがいい感じにコレっぽいのでまたそのうち。


追記;2020/7/23

BSフジのは、ウィル・スミス&息子のアフター・アース。2時間ほど何を見せつけられたのか、よくわからない。。。

2012年5月 6日 (日)

『西洋占星術の独学日記』閉鎖

住処の大家さんてき事情により、ネットプロバイダがniftyではなくなりまして
メールとブログは従量制に移行することで維持できましたが
長らくご愛顧いただきました『西洋占星術の独学日記』は
4月末日をもって閉鎖するに至りましたm(__)m

比較的検索アクセス数の多かった暦注満載だけはhttp://digitalfortune.jp/calendar2/lunacaln.cgiに移管しましたが、基本的に、他のものはなんもしない予定です。すみません。


追記;2020/4/8

その後、さらにhttps://orientalfortune.jp/calendar/に移動しました。
なんとなく保持し続けてたドメイン&サーバがもったいなかったので。。。

«キラキラ星インドverがヤバすぎる件

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

  • 小龍蝦 (中国で見つけたガラクタ)
  • 龍蝦 (中国で見つけたガラクタ)
  • 暑い暑い! (大人になって初めて飼ったペットはザリガニ)