フォト

運営サイト

他のアカウント

無料ブログはココログ

2008年12月18日 (木)

11日目 台北から帰国、後日談

ブログへの書き込みに日付が開いてしまいましたが、11日目の11/23に帰国しました。最終日の様子と、その後日談なんぞをつらつら記します。

P1020050 台北駅周辺で発見した看板。2日目に見かけて、「えそづそ・・・ってなんだろう・・・・・・あ、エンジン、、、、、」と、理解するまで数秒を要しました。英語のルビがふってなかったら、たぶんわからなかったと思う。
P1020051 桃園空港で食べた、鶏肉飯と愛玉。

写真は無いけど、数日前に龍山寺で衝動買いしてしまった、一按就熱(もむと熱くなる温熱パッド)を船便で自宅に送ることにしました。今思えば、洗濯物だの紙系だの、航空便で安く送れるものを郵送して、重いものは泣く泣くハンドキャリーすれば良かったような気がしなくもないんですが、当時は「多少金がかかってもいいから、重いものを減らそう。航空便だと高いから、船便にして、着荷に1か月くらいかかってもカビたり臭くなったりしないものを送ろう・・・」と思い、無駄に重い一按就熱がやり玉にあがりました。ていうか、実はこれ、買って受け取った瞬間に、「旅行者なのに、こんなもん買っちゃって、なんてわたしはヴァカものなんだろうか、、、」と後悔したシロモノ。だいたい、日本で買った方が安いんじゃないの? でもね、これを選んでる時は、いろいろ思うところがあったのよ。。。

で、最終日は日曜日。普通の郵便局は土日休だけど、台北駅についてる郵便局は営業している様子。なので、駅の南東部にある郵便局に行ってみたら・・・ここでは、船便は扱っていないとのこと。でも、台北北門郵便局なら土日でも船便で出せることを教えてもらい、駅と三越をはさんだ道を、てくてく西方面に行き、北門郵便局に行きました

そこで問題発生。中身を正直に申告したところ、
「これは発熱するものでしょ。爆発物と看做されるから、扱えない」
とのこと。えー、そんな、、、、これ持って成田から家まで歩くの、ヤだ。の一念で、
「これは暖かくなるだけだよ!爆発しないよ、全然大丈夫だよ!(マークP風)」
と、5分くらいゴネて、なんとか受領してもらいました。税関で弾かれてしまったら、それはしょうがないと諦めつつ。

ちなみに、重量5kg、送料(船便)520元。

成田でも、正直に「郵送したものがある」旨を申告して、携帯品・別送品申告書を書いて、もし無事に日本まで着荷して中身不明でinvoice提出を求められた時用に一按就熱の説明書を取っておいたりして、準備万端で待ってました。

その荷物も、今日(12/18)の午前中に、普通の国際郵便小包として無事に着荷。invoiceも申告書も必要ありませんでした。めでたしめでたし。

(以前、イギリスからバッチフラワーレメディーのコンプリートキットを個人輸入した時、税関で止まっちゃって、invoiceの提出とか求められたことがあるので、ちょっと慎重になってました。余談ですが、バッチフラワーレメディー、当時1ポンド160円くらいのレートで、1本につき関税・送料込みで800円くらいの計算になりました。現地なら500円くらいで買えるのかな。今、ポンド激安だよね。。。)

2008年11月26日 (水)

10日目 基隆・九份

丸一日使える最後の日。ここで悩みができました。千と千尋の神隠しのモチーフになったと言われる九份に行くか、金山でテレサテンの墓に行くか。朝一で出れば、両方行けるかも!!! と思ったけど、起きた時はすでに9時。目ざましかける余裕もなく、疲れ果てて眠ってしまいました。。。まぁ、とりあえず、バスで基隆(キールン)に行くことにして、行く途中で決めることにしました。

P1020003 台北発、基隆着のバス停は、こんな感じ。歩道橋から撮ったとこ。で、この時点では、もうすっかり九份に行く気満々。一応、基隆のインフォメーションセンターで相談して(台南でもインフォメーションに行きました。。。日本語話せる人いるし、地図が細かくて正確だから)、九份行きのバス停を教えてもらい、ついでに、もし金山のテレサテンの墓に行くならどうするべきかも聞いてみましたが、やっぱりタクシーでないと難しいとのこと、、、歌姫テレサは、また今度。ということで、九份にGO!降りるバス停がよくわからんけどw
P1020006
P1020005 
舊道というバス停で降りればよいのね、、、と、通り過ぎるバス停と、バスの中に貼ってあるバス停表をにらめっこしながらバスに乗ってました。が、どんどん人が乗って来て、結構混んできます。なんかもう、みんなが降りるところで降りればいいんじゃないか。と、安直に考えて、さらに実行してみました。ていうか、他のタイミングでは降りにくいくらい、混んでんの。実際、降りてみたら舊道で、大当たり。つーか、混み過ぎ。左の下の写真は、バス停を降りたところからの眺め。
P1020007 基山街を歩いていて、適当に見つけたお店で食べました。ろーすーたんちゃおふぁん(細切り肉と卵のチャーハン)。
P1020008 基山街の中の、お茶屋さんの看板。「ク」と「ワ」、「ヤ」と「セ」は、わかりにくい様子
P1020010 P1020009 基山街にある、頼阿婆芋圓の芋圓。黄色いの、紫色の、白いの、ゴマが混じってそうなの、抹茶入りっぽいのetc、いろんな芋圓が入っていて、温かいのか氷入りかを選ぶ。すごい混んでて全然座席ないから、空くまで立って食べてました。食べ終わって、また基山街を進み始めたら、もう1店舗分、この店の座席だけが並んでいる場所がありました。すごい人気。甘さ控えめで、美味しいし、いろいろ入っていて楽しい! 台湾の楽しさって、蓮池沢でも思ったけど、細かいところまでいろいろ詰まっている、おもちゃ箱のようなところにあるような気がする。これじゃぁ、台湾の人が東京に来ても、あんま面白くないだろうなぁ、、、と思ってしまった。だから、やっぱり、北海道が人気なのかな。台湾には無い風景が見れるから。
P1020011
P1020012
賢崎路を、九份国小方面に上がったところにいた猫。人が並んでいるから、何かと思ってみたら、阿柑姨芋圓の行列でした。そんで、そこで芋圓買った人たちが、九份国小の幅広い階段にきれいにならんで座って食べてるのがちょっとおかしかった。
P1020013
P1020016 
賢崎路の真ん中あたり。これが、千と千尋の神隠しのイメージのところ。
P1020017 昇平戯院の大きな看板。
P1020020 バスで基隆に戻り、今度は、バスで10分くらいのところにある、仙洞に行ってきました。
P1020022 仙洞の中。
P1020026 人一人がやっと通れそうな細い通路があって・・・
P1020027 その先にも、像があります。メタボには無理。
P1020029 田寮河から中山区を見上げると、こんな感じ。ハリウッドっぽく「KEELUNG」の文字が。
P1020032 基隆の廟口夜市。最後の夜市だ、さあ食うぞ!
P1020034
P1020035 
食べなかったけど、ビジュアル的に面白いから撮ってみた。
P1020036 今まで食べた果物飴(糖葫蘆)の中で、一番完成度が高かったです。複数の果物がささっていて、好きなシロップを1種類かけることができて、オブラートで包んで、手持ちの紙容器もついてる。蜜柑が刺さってるやつを、ハチミツかけて食べました。やっぱり美味しい~
P1020039 手書きでも出てこなかった字なので、とりあえず「廟」と呼んでおきます。。。この周りに、有名どころの屋台が並んでました。
P1020040
P1020041 
基隆名物らしい、てんぷら(さつま揚げ)。甘めのソースをかけて食べます。自分は醤油をかけたいと思った。
P1020042
P1020044
P1020045 
泡泡冰。台湾ジェラートという感じらしい。注文すると、手作業で泡泡にしてくれます。その作業を見てるのも面白いというか、お疲れ様、、、、という気になるというか。しゃくしゃくで柔らかいアイスになります。小豆味のを食べました。
P1020038
P1020046
P1020047   
アゲパンサンドイッチの「栄養三明治」。屋台に向かって右側のところで整理券を発行し、整理券の番号順に売ってるお店。自分が取った番号は614、その時にさばいていたのが400番代後半だったかな、、、とにかく、先は長いので、整理券だけ持って、李鵠餅店にパイナップルケーキを買いに行ってしまいました。
パイナップルケーキの写真を撮らなかったのが悔しい、、、10個入りで100元。これなら、30個くらい買っておけば良かった。いろいろ悔やまれます。
で、栄養三明治の話に戻って。揚げたての揚げパンに、台湾マヨネーズが塗ってあり、その上に野菜やら台湾ソーセージやらはさまってます。この、甘い台湾マヨネーズ・・・どこかで食べた味だ。嗚呼、あれは名典珈琲語茶のドリア。あの時は、「中国の牛乳は、全部アカディみたいな処理をされてて甘いから、しょうがなくてこうなっちゃってるんだろうな」と、とても好意的且つ同情的に考えていたけど、どうやら違う様子。最初から、これを狙ってあーなったのか。ううう、、、最初から、「こういうものなんです!」と認識して食べれば、こういうもののような気がする。
P1020049 明日は帰国。荷造りしながら、コンビニで買ったバジルシード(?)のジュースを飲みました。

9日目 台北4

前半で、興味を持ちつつスルーしたとこetcを、ここでまとめて見てきました。

P1010866
P1010867
まずは、投北の温泉へ。最初の日本人宿で、投北から陽明山に登った人たちが「すっっっっごい良かったよ!(特に陽明山が。)」と言っていたので、とりあえず投北だけ。新投北駅で豆腐花チェーン店の「三兄弟豆花」で、包芯豆花を食べてみた。(左図)ちょっと酸っぱかった。
P1010871 こんな感じに温泉の川が流れていて、両脇に温泉宿が並んでます。この川は、無料で足湯できます。
P1010873 日本時代の、滝の湯。見落としてしまうくらい、なんか風景になじみ切ってました。
P1010874 猫発見。
P1010877 源泉。75度だか85度だかの高温。
P1010880 みんな足湯してる、、、、、私も混じって足湯しました。すっげー気持ちいいの。根っこ生えそうなくらい。
P1010884 温泉川の周りに、防空壕迷路なるものを発見。迷路っぽかったけど、防空壕は見当たらず。よく探せばあったのかな?
P1010886 またMRTに乗って、今度は淡水へ。
P1010889 淡水の海岸沿いの道は、出店や屋台がたくさん出てました。とりあえず、キノコのから揚げを食べてみる。日清製粉のから揚げ粉でマッシュルームやリンギを揚げれば、再現できそうな雰囲気。
P1010890 果物飴! これ大好き。カリっとした飴を噛むと、中の果物がぷちゅっとなって、おいしいの。この辺では、イチゴかプチトマトの2択みたい。
P1010891 マッケイ像。ところで、マッケイって、誰よ。
P1010895 淡水老街を歩いていて見つけた、黒いモチ(白玉っぽい?)にキナコのかかったお菓子。駄菓子屋に、こんなんあったよね。黒糖系が多くて、ちょっと幸せ。
P1010897 紅豆黒豆花を試してみる。黒豆花って何だろう、、、そう言われれば、少し黒みがかってるかもしれない。氷なしにしとけばよかった。。

お店のストリートビュー
P1010899 淡水からMRTに乗って芝山に行き、猫喫茶の「猫花園」に寄りました。猫たっぷり、、、なんだけどさ、猫、ちょっとスレ気味というか、あんま相手にしてくれません。犬の方が愛想がいい。ネコが食べ落したエサを、どうにか食べようと、一生懸命椅子の下に潜り込んでふがふがしてる犬が可愛く可哀相で、ついうっかり犬のエサも買って与えてしまいました。お手もできるいい子でした。嗚呼、印象は犬のことばかり。しかし私は猫好きです。

猫花園のストリートビュー
P1010905 前半で士林夜市に行った時は、勘違いして美食街しか見なかったので、ここで再び挑戦。さあ、今日は食ったります!!!
しかし。この看板のところで、小さな饅頭のような、ショウロンポウのようなものを食べたんですが、あいにく写真が残ってませんでした。。。
P1010906P1010907  P1010908 辛發亭の雪片冰。かき氷の氷自体に、味を付けたものみたい。これは雪山蛻變(花生)で、ピーナッツ味の雪片冰に、多色のチョコスプレッドをかけたもの。おーいし~♪ コーヒーも美味しそうな気がする。マンゴー+ミルクのものは、笹塚の台湾物産館で食べたことがあるから、スルーしてみました。
P1010909 士林夜市発祥の地?慈誠宮。実際、夜市は廟の傍でやってることが多く、夜市で食べ物買って、座って食べたいのに席が無い時なんかは、廟の階段のとこで食べるといいみたい。
P1010910
P1010911
慈誠宮前の、阿亮麺線。小さい方を外帯で買って、廟で食べました。写真撮る時、お店の人が、「ここに置いて撮りなよ」と、ちょっと場所を開けてくれました
P1010912
P1010913
士林伯豆花店の豆花。今日は、豆花三昧だったような。絹ごし豆腐を食べているようで、一瞬不思議な気分になる。
P1010915 P1010914 ネギを薄切り肉で巻いたもの。1口10元。写真のは、2つついてるから20元。ちょっと肉肉しいもの食べたい時に、いい感じ。
P1010916
P1010917
P1010919
開運命理街ってどんなんだろうと思ったら、九星盤みたいのにボールぶつけるだけ?

・・・と思ったら、ちゃんと占いブースもありました。
P1010920 金魚すくい。なんで「球魚」になったのか、とても気になる・・・

2008年11月25日 (火)

8日目 高雄から、高速鐵路で台北へ

前日、蓮池潭から高鐵左營駅に戻った時、念のため、高速鐵路のチケットを購入しておきました。平日の一定時間(昼ごろとか、夕方とか)は、35%オフで、自強号と100~200元くらいしか違わず、かかる時間は半分以下!高雄から台北まで、2時間(便によっては1時間半)で着いちゃいます。台北から台南まで、4時間くらいだったのを思えば、なんかもう。あれはあれで、自強号に乗ったという良い思い出だけど。

P1010853 高鐵左營駅から、自分が乗る高速鐵路のホームと車両。
P1010855 さっくり台北に到着し、次の宿探し。台北駅の北西部には、安宿がたまっているような話を聞いたので、駅のコインロッカーに荷物を突っ込んで、北西部へgo。
←台北駅地下街Y13から出たあたりの安宿街。すでにいくつか見えるけど、、、踏み込む勇気がない(TT)
※安ホテルがあるエリア、間違って「北東部」と書いてましたが、「北西部」の誤りでした。 2008/12/23 記

この辺のストリートビュー
このエリアの安宿情報は、台北ナビの安宿巡りが参考になるかも。
P1010854 太原町の中で、一番入りやすそうな安宿が「梅軒」だったので、帰国までの3日は、ここにしました。1泊880元(初日は午後3時頃のチェックインだったせいか、80元引きでした・・・と思ったけど、基本800元、週末は1割増なのかも。)。想像したよりもちょっと高い思ったけど、この辺をぐるっと回って、やっぱり他の宿に踏み込む勇気がなかったので、素直にここに決定。フロントは、(当番の人にもよるけど)私がチェックインした時の女性は、中・英・日3ヶ国語イケる才女でした。他の人は、中国語しかできないとかあったけど。数字の英語読みすらダメなのは、ちょっと問題なんじゃなかろうか。でもいいや。812号室は、勝手に使える感度の良い無線LANがあって、便利でした。

梅軒のストリートビュー。緑のチェックが梅軒。
P1010858  龍山寺から歩いて行ける、ローカル色の強い南機場夜市。前半でも、一度行こうと思ったけど、夜遅かったし、道に迷ったりで、あっさりリタイアしてました。再チャレンジで、なんとか到着。やっぱ歩いて行くには、正直キツいかと。龍山寺駅からバスが出てるから、それに乗る方がよさそう。ていうか、帰りは龍山寺に停まりそうなバスに飛び乗ってしまいました。

南機場夜市のストリートビュー
P1010859_2 餃子型の餅。ニラと春雨と卵の入った、大きな餃子の形をした餅。餅は、歩き食いの友。
P1010860P1010861  有名どころらしい、水餃店。ほんとは酸辣湯も一緒に頼むものらしいけど、うまくオーダーできませんでした。でもね、お勘定の時、ちょっと日本語で対応してくれたので、素直に日本語で「酸辣湯の小さいのと、水餃1人分!」と言えば良かったのかも。餃子、すげー美味しかった。最初の一つは、「普通に水餃?」と思ったけど、どんどん食が進むのね。
P1010864  もう一度、龍山寺へ。今回は、占い本屋で通書を買うために。そんでも、やっぱり気になる蛇使い。。。おぢさん、いくつか指先がありませんでした。。。。。

7日目 高雄

今日も高雄。

P1010783 地下鉄に乗って、港の方へ。大椀公刨氷で、プリンかき氷を食べました。ここは、特大かき氷が有名らしいけど、あんま暑くないので、素直に食べきれそうなものを注文。
P1010784 フェリーに乗って、旗津区へ。
P1010786_2 大量の船。
P1010787 これに乗りました。
P1010788 フェリーを降りてすぐのところにある、人力三輪車の群れ。旗津名物らしい。
P1010795 まずは、旗後天后宮にお参り。一面の提灯がすごい。
P1010798 遊泳場みたい。寒いせいか、スーツを着たサーファーが2~3いるだけでした。
P1010806
P1010800
P1010801
P1010802
P1010803
P1010804_2
P1010805
お昼は、旗津区の中の海産物屋で。新鮮な魚介類を並べて、注文して食べるみたいだけど、どうやって注文するんだろう、、、と思い、適当なお店で声をかけられた時に、「食べたいけど、どうしたらいいかわからない」と日本語で言ってみたら。ひとつひとつカタコトだけど日本語で説明してくれました。2番目の写真は2枚貝で、本日のオススメみたいな感じだった。これは「炒める」。5番目の写真は魚、これは「焼く」、7番目の写真は蟹(生きててビチビチしてる蟹だった!)、これは「茹でる」。他にも、シラウオのような魚にも興味があったけど、「てんぷら」とのことだからスルー。ご飯類は3番目の写真でチャーハン。バランス取って、4番名の写真の空芯菜炒めも注文。6番目のミカンは、サービスで出てきました。これが、美味しい!皮は青いけど、実は結構甘くてみずみずしくて、どんどん食べちゃいました。これ以降、メニューに生搾りのオレンジ(柳丁)ジュースがあったら、必ず頼んでいたような気がします。。これで、900元ちょっと。今回の旅行で、一番贅沢な食事でした(笑)。
P1010807 いい雰囲気出してるカニのオブジェクト。もと来たルートをたどって、フェリーに乗って対岸に戻りました。
P1010808 高雄の地下鉄の中。車両はドイツ製だそうで、連結部も開放された雰囲気で、大量に乗れそう。次は、高鐵左營駅から、蓮池潭と高雄孔子廟を目指します。
P1010809 高鐵左營駅北口。何もねぇ!誰もいねぇ!!!まだ午後3時くらいなのに、、、
P1010811 ちょっと迷いながらも、なんとか高雄市孔子廟にたどり着きました。ていうか、高鐵左營駅からのルートは、裏道っぽい雰囲気でした。。。バスを使った方が、わかりやすかったかも。
P1010813 P1010815 P1010819 蓮池潭には、淵にある廟から、お参りどころのようなものがいくつか伸びています。龍虎塔(3枚目)もその一つ。
P1010831
P1010832
P1010834
P1010835
P1010836
P1010837
P1010839
P1010840
P1010843
P1010845
P1010827 
龍虎塔は、龍の口から入って、虎の口に出ると、いいことがあるらしい。撮影のため、いったん龍の口から出てしまった私はどうなるんだろう・・・
P1010849 晩御飯は、六合夜市で。昨日の激ウマ粥をもう一度食べるか、他の店のも試してみるか、10秒考えて、他のを試すことに。まずは、胡椒餅。「餅」は、ちょっとパイっぽいパリパリ感のある皮に包まれたもの全般を指す見たい。これは、胡椒の風味がきいた豚肉とタマネギと青ネギの具の餅。結構並んでました。焼き上がりを激写すべく、ずーっと屋台の前でカメラを構えて待ってるおっさんとか。はふはふ言いながら、歩き食い。
P1010852 同じく六合夜市の適当なところで、海鮮ビーフン。んー、、、エビは、昨日の粥よりよっぽど立派なんだけど、全体的な味は、、、、、昨日の海鮮粥は、最強だったのか。

6日目 台南から高雄へ

昼までは台南観光、夕方は高雄に行きました。

P1010728 チェックアウトは正午。早い時間に外へ出てみました。これは、朝7時頃の台南駅。
P1010731P1010733  3番バスに乗って、日本軍の青年将校が祭られているという飛虎将軍廟へ。行こう!と思ったはいいけど、地図が無い。ガイドブックによれば、「同安路口」で降りればよいように書いてあるけど、、、。こういう時、行ってしまうのが私の性分。ということで、3番バスに乗っちゃいました。
客が少ない。ていうか、3番自体、運行数が少ない。帰りのことも考えて、窓からバスのルートを一生懸命確認。ああ、手持ちの地図から外れてしまう、、、私はどこここは誰。とりあえず、同安路口で降りて(実際は、どこで降りるのか聞かれた時にメモ書きを渡し、停留所に着いたら「ここだよ~」みたいに教えてもらえた というのが正解)、周囲を眺めてみた。なんか、イナカの幹線道路みたいな雰囲気。あんまりタクシー走ってないし。もしかして、大失敗、、、? と思いつつ、セブンイレブンを発見したので、キャラメルラテなんぞ買いながら、店員さんに飛虎将軍廟の字を見せたら、指さしで教えてくれました。ありがとう!漢字万歳!!!
で、飛虎将軍は、左の写真の通り。バスの待ち時間やら何やらで、個人で行くのは、ちょっとしんどい気がする。タクシーで行くなら、「同安夜市」と言って行くといいかも。

大きな地図で見る
P1010736 飛虎将軍廟周辺で見かけた子猫。
P1010739 ホテルに戻ったのが10時過ぎくらい。荷物をまとめてチェックアウトし、駅の行李房(手荷物預かり所)に荷物を預けて、もう少し台南観光。またまたバスに乗って、今度は安平古堡や延平の方に行ってみました。左の写真は、安平古堡バス亭目の前にある、安平開台天后宮。まずは、お参り。
P1010742 P1010745 安平古堡。1600年代に、オランダ人によって作られた要塞。
P1010748 P1010750 延平街の雰囲気。下の写真は、人形を作っているところ。
P1010753 おなかが空いたので、バス通りにあった「陳家蚵捲」というオムレツ屋さんで、牡蠣オムレツと野菜炒めを。野菜は、チャイニーズケールみたいな食感。このオムレツ、卵も入ってるけど、それよりも片栗粉を溶いたようなものの方が多くて、香ばしくカリっとしたところと、もっちりしたところがあって、美味しかったです。かかってるケチャップは、全然辛くない。
P1010754 オムレツ屋さんを、バス亭方面に歩いたところで見つけた、牡蠣の殻をむく人たち。お疲れ様です、美味しい牡蠣をありがとう~
P1010755 バスで台南駅に戻り、少しだけ台南公園を散策。
P1010757 駅から見て、右側の食べ物屋さんとこで食べた、黒砂糖かき氷。黒砂糖って、それだけで風味があって美味しい。この後、台南から区間車(鈍行列車)に1時間くらい乗って、高雄に着きました。。。
P1010758 高雄では、安くて日本語OKの新源大旅館に2泊しました。新源大旅館に着く前に、いくつか安い宿があったけど、、、なんか、入る勇気がない、、、、、ので、入口に「いらっしゃいませ」の文字がある新源大旅館まで、心揺らすことなくたどり着きました。難を言うと、エレベーターは無い。でも、まぁ、1泊500元だし。シーツも布団もきれいだし。扇風機あるけど、エアコンもききます。扇風機は、洗濯物を乾かす時に便利。
P1010761 高雄駅、旧駅舎。
P1010766 まずは、「高雄の迪化街」と呼ばれる、三鳳中華観光商圏へ。いろんな乾物があります。
P1010767 三鳳中華観光商圏のすぐ近くにある、三鳳宮。台北や台南で廟に行った時は、普通に「金持ちになりますように」のような、願掛けをしてきたけど、高雄では、バイクの群が怖いので、これ以降の願掛けは、「旅行中、無事に過ごせますように、、」という、半ば哀願のようなものになってしまいました(苦笑)
P1010768 三鳳宮内の猫。意外と愛想がいい。
P1010774 P1010776 六合夜市の、端っこ(公園の方)の屋台で売ってる、海鮮粥。激うま。今回の旅行の中で、一番美味しかったかも。セロリが効いてて美味しい。
足元に、おこぼれを待ってる猫がいたので、こっそりエビの頭をあげました。
P1010777 蛇湯屋さんも、なんか堂々としてたりして、、、
P1010778 P1010779 P1010780 ビンロウ屋さんも、他の地域に比べたら、派手で堂々としているような気がする。。。

5日目 自強号で台南へ

台北から、自強号に乗って台南へ行くことにしました。台中には、台湾で一番広い孔子廟があり、台南には、一番古い孔子廟があるとのことで、どちらにしたもんだか5分悩み、亜熱帯と熱帯の違いをさっさと体感すべく、台南を選びました。(嘉義が北回帰線とのことで、それより南に行きたくなったので。)

P1010695 P1010696 車内で駅弁げっと。切り身肉、魚のフライ、卵、ザーサイ、漬物。この頃から、揚げ物の多さがちょっとつらくなってきました。
P1010697 台南で、列車から降りたとこ。
P1010699
地図
駅からの眺め。安ホテルとしてチェックしていた漢宮大飯店を、あっさり発見。
P1010700 漢宮大飯店のシングル、狭い方。これでいくらだっけな、、、ガイドブックに載っていたよりも、50元安かったような。
P1010702_2    ラーメン屋さん
P1010703_2 P1010706 赤崁楼。1600年代に、オランダ軍によって建てられたものらしい。
P1010708 大天后宮へ至る小道にある、択日(イレクションみたいなもの?)屋さんの看板
P1010709 P1010710_2 大天后宮。下の写真は、おまもりの作り方。スタンプでお札を作って、お線香の周りを3回巡らせるとか、そういうふうにして、自分のお守りを作るみたい。
P1010713 台湾最古の孔子廟。大きな木がたくさんあって、とても雰囲気良かったです。
P1010719_2 P1010717 延平郡王祠。日本統治時代のものか、おみこしもありました。(下)
P1010721 再發號で、肉粽(ちまき)と桂花紅茶。コリアンダーとにんにくだれが絶妙!! 八宝粽も食べれば良かった・・・
P1010722 街中で見かけた、可愛いお札。効能は何だろう、、?
P1010726 駅から繁華街を少し歩いたところのワンタン屋さんで食べた、エビワンタンと野菜炒め。適当に、エビワンタンと肉ワンタンを頼んだら、お椀を持って来て、「1杯こんなにあるけど、大丈夫?」というふうに注意してくれました。。。また汁もの2杯やってしまうところだった。素直に、エビワンタンだけにして、美味しくいただきました。
台南の夜市は移動式(曜日制?)らしく、この日はどこでやっているのかわからなかったので、諦めました。。(ツーリストインフォメーションも閉まってたし。)

4日目 台北3

この日は、行天宮や台北孔子廟などに行きました。台湾には、3つの孔子廟があり、そのうちの1つが台北の孔子廟。ここだけは、国が管理してるらしいです。
※2008/12/12追記※大きな孔子廟は3つ(台北、台南、台中)で、他にもたくさん孔子廟がありますm(__)m

P1010589

昨日と同じく、九福自助餐で朝ごはん。キャベツ炒め、小豆の汁粉、鶏モモ(塩鴨かな?)、鶏のから揚げ、白飯。大陸中国にはない、お米に対する愛が、台湾にはあると思う。正直なところ、大陸中国の米は不味くて、空腹になるのが憂鬱だった。だって、何か食べなきゃならないんだもん。麺類は、、、どこもちょっとあれなような。。。(んだから、私はいつもビーフンばっか食べてます。

P1010591
P1010594
西門町、成都路の天后宮。
P1010599 民權西路駅から民権東路一段をてくてく東に向かって歩いている最中に見かけた看板。「超人牛肉美食客桟」という店らしい。
P1010600 マッサージ屋の看板。「マゞせージ」? こんな感じの看板は、わりとよく見かけます。最初は、「なんでネイティブチェックしないんだろう」などと思ったけど、後の方では、わざとやってるんじゃないかと思うようになってきました。(こうやって、写真に撮って喜ぶやつがいるから。。。)
P1010601 行天宮。みんな、並んで一生懸命お祈りしてました。。占いしてたのかもしれない。占い結果の説明処などもありました。
P1010607
P1010608
行天宮すぐそばの地下街の、占い横丁。
P1010610
P1010611
P1010612
P1010613
行天宮周辺なら、占い専門書店があったりしないかな、、、とか思って、松江路から適当に吉林路方面に向かう道に入って散策してみました。あいにく書店は見つからなかったけど、なんか、占い屋を大量に発見。

この辺のストリートビュー
P1010614
P1010617
松江市場なるものを発見。こういう、市場の雰囲気が好き!

この辺のストリートビュー
P1010619 松江市場周辺で見かけた猫。そういえば、あんまり猫は見かけなかったし、見かけても、すぐに逃げてしまう猫ばかりでした。
P1010621 松江市場周辺の、鶏肉屋さん。
P1010622
P1010623
P1010624
P1010626_2
屋根や軒下に、縁起もの(?)を付けている店がたくさんあります。

大きな地図で見る
※下の記事を書いた時は、吉林路と松江路の間だと思い込んでいましたが、ストリートビューで探し倒したところ、吉林路の西側の方(松江路とは反対)でした。。この店なのは確かなの。台南なんちゃら というところは覚えていたので。
P1010627 吉林路の方に、お粥で有名な店があるらしいので行ってみたけど、あいにく閉まっていたので、松江路との間の適当なところで、簡単にお昼ごはん。肉羹清湯麺(米粉)。肉羹て何だろう、、、と思いつつ、普通に美味しくいただきました。魚肉と肉が混じってる肉だんごみたいな味わいでした。
P1010629
P1010641
電車に乗って圓山駅に移動し、孔子廟や保安宮などを見て回りました。まずは孔子廟。蝋人形あり。
P1010646
P1010649
P1010651
孔子廟の隣、保安宮庭園で一休み。it's a small worldみたいに、人形のようなものが飾ってあって、なんかストーリーになってるみたいです。石段などは、人が歩けるようになってます。舞台の中を散歩しているようで、ちょっと楽しい。庭園内のテーブルでは、じいさんたちが何やらゲームに興じていました。
P1010656 保安宮。とりあえず、神農大帝を激写。
P1010666 臨済護国寺。お地蔵さんとか、たくさん並んでました。
P1010669 晩御飯は、士林夜市で。この日は、美食街しか行ってませんでした。日本人宿の他の人の話や、よくよく地図を見直すなどして、士林夜市はもっと広いことに気づくのは、数日後の話。
P1010667 カエルの卵 っていうか、愛玉とタピオカの、すっきりした飲み物。
P1010670 金魚すくい規模の、えび釣り。後ろの辺りに炭火が用意されていて、釣ったらその場で食べれるみたい(でも、食べる分は別料金だという説もあるので、要確認。)
P1010672 美食街の中の適当な粥屋さんで、広東粥げっと。
P1010674
P1010675
美食街しか見ていないという事実に気づかぬまま、「食い足りん!!!」という勢いに任せて、南京東路駅から歩いて遼寧街夜市へ。ちょっと寂しい雰囲気の夜市・・・だけど、とりあえず、えび炒飯を食べてみる。すんません、ちょっと油多すぎて、完食できませんでした。。。頑張れ>遼寧街夜市

遼寧街のストリートビュー
P1010676 なんか煮え切らない気分なので、さらに勢いに任せて、饒河街夜市に行くべく台鉄で松山駅へ。
P1010677 猫発見。
P1010678 夜市の入口に廟があったので、まずはお参り。
P1010689
P1010690
饒河街夜市。そうそう、この感じこの感じ!
P1010691 飲み物屋さんの、不思議なタッチの看板。バナナジュース飲んでみました。
P1010692 豆花。
P1010693 餃子の小さいの? タレは、辛いのと辛くないのの2種。
P1010694 台北で最初に4泊した山田屋さんとこのそばには、夜11時半くらいまでやってる喫茶店があります。そこの、ホットのタピオカミルクティー。カップにタピオカが入っていて、ポットに入ってるミルクティーを注いで飲むの。黒いタピオカ、結構好きだな。

3日目 台北2

この日は、素直に故宮博物館などを見て回りました。

[追記 2009/10/3]備忘録代わりに、九福自助餐のストリートビューを貼っときます


大きな地図で見る

続きを読む "3日目 台北2" »

2日目 台北1

まずは、台北の記録なんぞ。

飲み物については、たいして記録していません。パパイヤ牛乳も、スイカジュースも、ダンテだの35コーヒー(35fだっけ?)だのeコーヒーだのドトールだの、特にコーヒー系は、かなり頻繁に飲んでいたので、最初から、あんま記録するつもりはなかったというか。

P1010540 西門駅に近い、「鴨肉扁」の鴨&汁米粉。鴨好きにはたまりません。注文する時、麺か米粉か選び、それから肉の量を選びます。とりあえず「1」で注文すると、こんな感じ。

鴨肉扁のストリートビュー
P1010541 たぶん、台北市電影主題公園。何がどうと言われると、ちょっと困る公園・・・
P1010544 西門駅周辺、環河南路から漢口街二段に入ったあたり。「歩く台北」によると、「日本式の古い建物」らしい。
P1010545 漢口街二段にある「楊記花生玉米冰」のかき氷。注文しやすそうなものを適当に注文。氷の上に、トウモロコシとピーナッツをかけて、その上から芋などの白玉を乗せたもの。結構イケる。

楊記花生玉米冰のストリートビュー
歩道からは、白地に青い文字で「楊記」とかいてある看板が見えます。
P1010546
P1010547
老山東の酸辣湯(上)と牛肉麺(下)。結構わかりにくい場所で、たしか、萬年商業ビルかなんかの地下1の食堂街の端っこだったような。牛肉麺は、汁があるやつとないやつがあるみたいで、「乾」と書かれた方を選んでいれば汁なしだったみたいなんだけど、何も考えずに注文し、汁もの2品になってしまいました・・・
P1010548 迪化街の「霞海城隍廟」。淡水線雙連駅から、てくてくと迪化街まで歩き、縁結びの神様(?)月下老人を祀る霞海城隍廟に行きました。260元くらいのお参りセットを買ったせいか、お参り方法を日本語でガイドしてもらえました。(他の人たちは、なんかもっと安いセットで適当にやってるような気がする。)
願いがかなったら、クッキーを持って再度お参りするのがしきたりらしい。
P1010550 寧夏夜市で食べた、鶏肉飯と炒青菜(空芯菜?)。

寧夏路のストリートビュー

より以前の記事一覧

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック